自称オシャレ大学生ほどダサい?ファッション雑誌の落とし穴

サイトマップ

自称オシャレ大学生ほどダサい?ファッション雑誌の落とし穴

大学生というのは調子に乗りやすいです。

この人調子に乗ってるなという人は服装を見れば一目瞭然。

自称オシャレでファッション頑張ってますという、人はだいたいダサいですね。

なぜ、こういう人はダサくなってしまうのでしょうか?

大学生が陥りがちな自称オシャレの間違った考え方を紹介したいと思います。

ファッション雑誌は見る価値なし

先日、ファション雑誌をちょっと手にとってみた時、こんなことが書いてありました。

「ジャケットはキレイめカジュアルにジーンズと合わせろ!」

「差し色は赤靴下」

このように雑誌は決め打ちでこれさえ着てればオシャレに間違いないという、ファッションを提示してきます。

そういった雑誌の鵜呑みにして、どんどん足し算をしてしまい、ファッションのダサさを際立たってしまうのです。

雑誌より欧米人のスナップ写真で学ぶ

欧米人のスナップ写真はみたことありますか?

本当にファッションを勉強したいのであれば、雑誌よりも欧米人のスナップ写真の方がよっぽど勉強になります。

洋服は西洋の服なので、日本人より欧米人の顔やスタイルの方がカッコよく見えるのかもしれませんが、流行をただ追っかけて足し算をしていくようなコーデは絶対にしていません。

日本人が大好きな差し色もさり気なく、入れていいてとてもシンプルにまとまっています。

ファッションはごちゃごちゃしているよりも、シンプルなの方がカッコいいです。

とにかくボトムスがダサい

なんでそんなの履いてるのか疑問に思うくらいダサい、微妙な色でダボダボシワシワなボトムスを履いている人っていませんか?

どういう意図なのかわからないですね。

何も考えずに履いてるんでしょうが、そもそも日本で売られているボトムスはサイズ感カジュアルなものが多いです。

日本人は顔つきが幼く、スタイルが良くない人が多いので、カジュアルファッションをカッコよく着こなすのは難しいんじゃないでしょうか。

大学のキャンパスを見渡してみると、Tシャツ、ジーパン、スニーカー、キャップでカジュアル一辺倒のファッションご多いなと言うことに気づくと思います。

ダサい子供って感じになってしまうんですよね。

日本全体がアメカジに強く影響されてしまっているのでしょう。

日本人が似合うオシャレなファッション

キレイめにまとめるのが日本人向けのファッションでしょう。

ぐっとファッションを引き締める黒スキニーはかなり重要なボトムスですね。

キレイめとカジュアルのバランスは8:2、9:1くらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。

全体的にキレイめにし、カジュアルなアイテムを一つ取り入れるのが日本人向けのコーディネートです。

ブランド名や流行に左右されてはいけない

日本人はブランド名や流行を気にしすぎなところがあります。

これもファッション雑誌の影響なんですかね。

ファッションの本質であるはずのデザインや質をぜんぜん気にしない人が多いです。

一時期サンダルにソックスを合わせるというがトレンドでした。

これってどう見てもダサくないですか?

流行に流されずに自分のセンスを信じていれば、ダサいっていうのがすぐわかると思います。

無駄に協調性が高い人が多いせいか、みんなと同じを好むんです。

明らかにダサいコーデを、皆がやっているからという理由だけでやってしまう。

逆にとてもオシャレだとしても時代遅れだとダサいといって批判してしまう。

こんなことをやっていてはいつまで経ってもファッションセンスに磨きはかかりません。

流行を追うだけのファッション雑誌を見るのではなく、ファッションの本質を勉強するようにしましょう。

感想・コメントはこちらから

度が過ぎた煽り・誹謗中傷は削除対象となります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください